耳鼻科で相談することで|鼻づまりで苦しんでいるなら見るべき|習慣化をストップ

鼻づまりで苦しんでいるなら見るべき|習慣化をストップ

耳鼻科で相談することで

聴診器

様々な要因によって音の聴こえが悪くなってしまうのが難聴です。この難聴には様々なタイプがありますが中でも多いのが老人性難聴です。老人性難聴は感音性難聴に含まれるタイプの難聴です。加齢によって耳の中にある聴覚細胞が音を的確にキャッチすることができなくなり、特定の周波数帯の音が聴き取りにくくなることが原因です。人間の脳は様々な周波数帯の音を耳から受信することで正しく音を判断しています。そのため一部の周波数帯であっても受信する能力が衰えてしまうと瞬く間に音の聴き取りが困難となってしまうのです。この老人性難聴は補聴器を使用すれば音の聴き取りを改善することができます。年をとってからどんどん耳が遠くなってきたと感じている方は補聴器を使用して音の聴こえをサポートするようにしましょう。

補聴器の使用するためにはまずは耳鼻科で詳しい検査が必要となります。補聴器はそれぞれの人の聴こえに合わせて調整(フィッティング)が必要となるため、どの周波数帯の音が聴き取りにくくなっているのかを判断する必要があるためです。聴力検査はどこの耳鼻科でも受けることができますが、補聴器の使用を前提とした聴力検査を行うのであれば補聴器医の資格を持つ耳鼻科が最適となっています。補聴器医の資格を持つ耳鼻科であれば検査結果とあわせて専門店に医師の立場から使用する補聴器の種類や調整すべき周波数帯のアドバイスを行ってくれるので、面倒な調整作業もスムーズに行うことができます。これから補聴器を購入する方はまずは補聴器医の資格を持つ耳鼻科で詳しいアドバイスを受けるようにしましょう。