鼻づまりで苦しんでいるなら見るべき|習慣化をストップ

会社の近くで見つける

医者と看護師

新宿付近を訪れる機会の多い人は、新宿でかかりつけ医を探しましょう。風邪の引き始めや花粉症、アレルギー鼻炎などの症状が起こりやすいことから、耳鼻咽喉科を把握しておくと便利です。通いやすさから選択してみましょう。

この記事を読む

慢性鼻炎の治療法

ティッシュを持つ人

市販薬よりも高い効果

風邪をひくと誰でも鼻水が止まらなくなり、鼻づまりが生じるために口呼吸を強いられ息苦しくなるものです。こうした急性鼻炎は短期間で自然治癒するのが普通ですが、急性鼻炎をたびたび繰り返しているうちに慢性鼻炎へと発展する場合もあります。常に鼻がつまった状態が続くというこの症状は、アレルギー性鼻炎や血管運動性鼻炎でもよく見られます。不快な鼻づまりの症状を解消させるには、軽症のうちなら市販の点鼻薬なども十分に効果を発揮することが多いものです。しかしながらそうした点鼻薬の利用を続けているうちには薬が効かなくなり、かえって鼻づまりが悪化する例も珍しくありません。こうした症状は薬剤性鼻炎と呼ばれており、症状改善には耳鼻科での専門的な治療が必要です。薬剤性でない場合でも慢性鼻炎が疑われるようなら、効果の限定的な市販薬よりも耳鼻科の医師が処方する薬の方が高い効果を得られます。耳鼻科を受診して慢性鼻炎と診断されたら、定期的にステロイドスプレーを鼻に噴射してもらうことでも鼻づまりを解消可能です。最近では副作用の少ないタイプのステロイド剤も開発されており、長期間の治療でも健康面への影響が低く抑えられています。

鼻炎の種類に応じた治療法

慢性的な鼻づまりが生じる原因には、単純性の慢性鼻炎以外にもさまざまな鼻炎の可能性が考えられます。鼻炎の種類によって治療法が異なるため、まずは耳鼻科を受診して検査を受けることがつらい症状の改善に向けての第一歩です。慢性的な鼻炎が認められる場合、耳鼻科ではまずアレルギー性鼻炎の可能性を疑います。花粉症に代表される季節性アレルギー性鼻炎の他にも、ダニや埃・ペットの毛といったハウスダストを原因とする通年性のアレルギー性鼻炎も考えられるのです。アレルギー性鼻炎の治療には抗ヒスタミン剤など症状を抑える薬に加え、抗アレルギー剤も効果的です。薬が効きにくい重症の患者さんには、アレルゲン投与による特異的免疫療法で長期的な治療効果が期待できます。この他にも鼻の粘膜が硬くなってかさぶたができる萎縮性鼻炎では、鼻の中を洗浄して殺菌作用を持つ塗り薬による治療が行われます。重度の血管運動性鼻炎やアレルギー性鼻炎の場合でも、レーザーで鼻の粘膜を焼灼する方法や下鼻甲介切除術といった手術で鼻づまりの解消が可能です。こうした治療の選択肢が多い耳鼻科ほどあらゆる症例に対応できるため、頑固な鼻づまりも解決できるのです。

耳鼻科で相談することで

聴診器

難聴となった方の音の聴こえをサポートしてくれるのが補聴器です。この補聴器を使用するためには耳鼻科での詳しい検査が必要となります。また検査後には調整作業(フィッティング)も必要となるので検査は補聴器医の資格を持つ耳鼻科で受けましょう。

この記事を読む

良い商品選びをするには

ドクター

直接補聴器屋さんで商品を購入することもできますが、まずは病院で検査をしてもらうことが大切です。高齢の場合であっても、加齢が原因ではなく病気などによって聞こえが悪くなっているケースもあります。購入する際には自分に合った商品を選ぶためにレンタルを利用して慎重に商品選びをすることをおすすめいます。

この記事を読む